Month: 12月 2017

今できることは、今のうちにさっさと済ませる

最近になって、本当に物事を面倒くさがって後回しにするのはよくないなと強く感じています。
いちばん身近なものであれば、毎日寝る前に翌日の支度をしたり勉強をしたりするといったようなことです。
次の日に早く起きてやればいいやと思っていても、なかなか予定通りに早起きできず、焦ってしまうようなことはきっと誰にでもあると思います。
もちろん、仕事でも同じようなことが言えると思います。
急いでないし、それほど時間が掛かる内容ではないから、とりあえず帰る前に片付けようと思って、その場で手をつけないことがあります。
しかし、予定外の案件が入ってしまったり、やるのを忘れてそのまま帰ってしまったりと、予定通りにできないということがよく起こります。
時間も掛からずすぐに終わることなら、どうしようか考える前に済ませてしまったほうが、よっぽど効率的でしょう。
そして、ちょっとしたことだけでなく、こういう考え方は生活の中のいろいろなところにも影響を及ぼしたりします。
何年も整理していないクローゼットの整理や、忙しさを理由に目を背けていた自分の本当にやりたいことにも当てはまるでしょう。
明日はどうなるのかわからないのだから、とりあえず今日やれることをやる。
そこから道筋を立ててもいいのだし、とにかく手をつけることで、今後どうするかの判断材料になります。
つまらないことはさっさと終わらせて、本当に大切なもののために時間を取っておきたいなと考えるようになりました。

やっと一息。夏から冬へ部屋のイメチェン。その前に物を捨てる努力が大変

夏の暑さが少しずつ緩和され涼しくなってきました。日が沈むのが早くなってきたなと感じます。夏休みの学生たちが学校へ通うようになり、自分の時間が増える家庭の主婦。やっと自分のペースが戻ってくる9月半ば。さて何をするかを迷う。気分も変えたくなってきます。部屋のイメージを変えたくなることはありませんか?
冬に向けて、部屋のイメージもちょっと変えてみたいと思います。昔は9月から10月になると衣替えといって、夏服から冬服へと切り替わっていったことでしょう。いまでは、夏も冬もあまり変化がなくなってきたようにも思います。カーテンを冬バージョンにかえたり、ござから絨毯へ変わっていくことでしょう。
押し入れにしまう物が変わってきます。今回は押し入れにいれるボックスを交換することにしました。そのためにタンスの中身を見直し、不要な物を取り出す作業をするのですが、捨てきれない物がたくさんあります。イメージチェンジ、部屋の模様替えには相当な体力と精神力が必要になるのですね。捨てる努力が一番大変です。

恐怖の家庭訪問が昨日無事に終わりました!

昨日は家庭訪問でした。どんな先生がやって来るのかハラハラしていました。とりあえずリビングは片付けて不要な物は和室に全部押しやり、扉を閉めて見えないようにしていました。お菓子も持ち帰りやすいよう小分けタイプのを用意し、準備万端です。16時になり先生がやって来ました。けっこう若い男の先生でとても気さくな方でした。話しやすかったし、あっという間に15分経ちました。子供の事もよく見ていてくれているみたいなので安心してお願い出来る先生だなと思いました。ただ家の汚い部分を見られていないかだけがとても心配です。(汚い家だな)と思われていない事を願いたいです。それだけが心配なだけでした。残念な事に出したお菓子もお茶も1口も手を付けてくれなかったので用意したのに意味がなかったです。お菓子も持って帰られず、「大丈夫です」と言われ置いて行かれました。せっかく用意したので持って帰るぐらいしてほしかったなと思いました。