顕微鏡などについて育成しました。直交ニコルでは、鉱物の時を通過してきた光が上の偏光板を通過すると、無色鉱物でもカラーがついて見えるようになります(干渉カラー)。直交ニコルで観察しながら載モノテーブルを回転すると、カラーが変化したり真っ暗になったりします。岩石の薄片は、岩石の片面を平坦にすり減らして横滑りガラスにはりつけ、もう片側もすり減らして小さくして赴き、その上に覆いガラスをはりつけたものです。偏光顕微鏡で研究陥るカラー(干渉カラー)は岩石の厚さにも関係するので、薄片の厚さは規定(30μm)になるようにつくられます。流紋岩は、ちっちゃな斑晶が流行り印象を生み出すガラス品質(直交ニコルでは真っ黒)の石基の中に散らばっている。安山岩は尖端閃石、輝石、斜長石の自形の斑晶が細かい石基の中に散らばっている。閃緑岩は尖端閃石、斜長石、石英の他形のクリスタルがかみ合うようなビジュアルになっています。直交ニコルにすると斜長石と石英が類別できます。勉強になりました。