最近になって、本当に物事を面倒くさがって後回しにするのはよくないなと強く感じています。
いちばん身近なものであれば、毎日寝る前に翌日の支度をしたり勉強をしたりするといったようなことです。
次の日に早く起きてやればいいやと思っていても、なかなか予定通りに早起きできず、焦ってしまうようなことはきっと誰にでもあると思います。
もちろん、仕事でも同じようなことが言えると思います。
急いでないし、それほど時間が掛かる内容ではないから、とりあえず帰る前に片付けようと思って、その場で手をつけないことがあります。
しかし、予定外の案件が入ってしまったり、やるのを忘れてそのまま帰ってしまったりと、予定通りにできないということがよく起こります。
時間も掛からずすぐに終わることなら、どうしようか考える前に済ませてしまったほうが、よっぽど効率的でしょう。
そして、ちょっとしたことだけでなく、こういう考え方は生活の中のいろいろなところにも影響を及ぼしたりします。
何年も整理していないクローゼットの整理や、忙しさを理由に目を背けていた自分の本当にやりたいことにも当てはまるでしょう。
明日はどうなるのかわからないのだから、とりあえず今日やれることをやる。
そこから道筋を立ててもいいのだし、とにかく手をつけることで、今後どうするかの判断材料になります。
つまらないことはさっさと終わらせて、本当に大切なもののために時間を取っておきたいなと考えるようになりました。