日本に上陸してからまだ1月にもなりませんが、ポケモンGOは所々で色んな騒ぎを引き起こしてあり、逮捕者や補導変わる者もっと外傷者やけが人まで生まれる処理ですから前が思いやられます。
一際断然厄介なのがポケモンGOをプレイしているふりをして、色んな悪さを望む彼らの立場でしょう。
コソコソ隠し撮りしなくても娯楽やるふりして堂々と撮れますから、収集関連の色んなアクシデントが頻発しそう。
現行犯の実例警察はスマホの実質の把握運営がハードでしょうし、ポケモンを試合してたと言い張ったユーザーに分け前がありそう。
ただスマホの実質を探しられ危ないフォトが出てくれば圏外だ。
娯楽に熱中して安全把握を怠り災害に向かうケースも頻発しそう。
安心の為に設備を作ったりして、その費用が行動料金に上乗せされたり、税で賄われたりすると、試合終わる人からすれば絶対納得のいくためはないと思います。
そうするとコントロールを引っ掛けるしか無くなるでしょう。
人だかりしたロケーションで明らかな走りスマホでのプレーが見つかれば1000円罰金とか。そうすればアクシデントの制御効果ははたらくし、集めた罰金で世界中財政も急変に潤うと思います。