先般からマイブーム状態のデニム地バッグ作りですが、今は新たな取り組みをしています。
着られなってしまったジャージを切り、裏地として一部を除いて縫い付けることにしたのです。
クールな印象を持つ、デニム地バッグの裏が、赤を中心とした暖色が面白いのではないかと思ったのです。
ファスナーが壊れたこともあって、いずれ捨てるジャージですし、ジャージの特徴でもある発色のきれいさに惹かれて、裏地として縫ってみることにしました。
ただ、私が知らないだけかもしれませんが、バッグの裏地がジャージというのは、見たことも聞いたこともありません。
そして、もともとけちな性分で布を切るのに躊躇する私に、着なくなるからといってジャージにハサミを入れることは、なかなか勇気がいるものでした。
いいものを作ってみせるよ!と誰にいうわけでもなく、心の中でつぶやいています。
もし裏地をジャージ素材としてバッグ作りがうまくいったら、きっと丈夫なものになるでしょうから、旅行やお出かけにどしどし使ってみようと思います。キャッシング オススメ